釣り鈴

主にダーツを趣味としていましたが、現在は釣りに大ハマリ。
今後は釣り日誌や、初心者向けの釣り情報を更新していきます。
<< 二年次の予習 | TOP | 簿記検定 >>
電子ピアノ購入
0
    さてさて、学業がありながら最近やたらと音楽そのものに興味をもってしまいついには電子ピアノまで購入するに至ってしまった。

    最初に述べておくが、私自身は音楽そのものの知識は一切無い。

    自慢ではないがまったく無い。

    どのぐらい無いのかというと、楽譜というのは五線で書かれているのだがそれすらも知らないぐらい。例えば「英語のノートと同じ4本線ぐらいだっけか?」

    「がくてん? 何それ? もしかして音符の横っちょについてる点のことを言っているのかな…それで楽点ってことか」と知人に話すと

    「いや、いや、違うから

    楽典っていう単語があることを今月、生まれて初めて聞いた瞬間であった…



    まぁ気を取り直して電子ピアノを購入した経緯を記しておこう。

     音楽そのものに興味を持つようになったことから何か楽器を始めたいと思い、最初はギターかなぁ〜と検討していたのだが、私がその楽器を練習する時間帯は深夜が多くなるのでアコースティックギターは無理だなぁと…。そこで防音材や吸音材、防音室などを調べてみたが消音にも限界があるし第一値段が問題外に高い。それに築何十年も経っている我が家にそのような機能を追加するのであればそもそも家そのものの立て直し資金に回すしね。

     というわけでまず検討しなくてはならないのは消音できる楽器=電子ピアノ という結果となった。
     それと詳しく調べてないが電子ピアノとシンセサイザーというのは別物と考えて良く、シンセは音質や鍵盤の数も少ないので物理的に弾けない曲が出てくるようだ。ただ、電子ピアノでも鍵盤の数が88鍵無いものがあるみたいなので注意が必要とのこと。
     電子というだけあって消音(音量の調節)可能だし、ヘッドフォンを繋げれば夜中でも安心して練習ができる。

     では練習時間の確保が出来たことで次に問題となるのが練習方法。はっきりいって消音も大事なのだがやはり何事も継続して練習・学習しなくては上達するはずもないのでこの練習方法は非常に大きな重要課題となる。

     まず検討したのが書籍による練習。…音楽入門って以外に見あたらなく「楽典入門」というたぐいの書籍も購入したがいまいちイメージがつかめない。はっきりいってある程度ピアノを実践してから読まなくては学習効率が低すぎるように思う。

     次にピアノスクールを検討したが、どう考えても通う時間がまったくない。家業及び今期の大学履修は月〜金曜までフルに履修、土曜日はバイト、日曜日にその週学習した科目の復習をしなくては絶対に履修科目に対する理解度が足りなくなることは明白。

     というわけで、書籍による独学、ピアノスクールとどちらも無理があることからそれらを解決してくれたのがローランドさんの電子ピアノ「HPI-7S-MHS」。
     譜面立てについているモニターに「デジスコア」なる機能がついており、これが凄く良い。詳しくはローランドのサイトで解説ムービーがあるので見て欲しいが私のような超ド級の音楽初心者でも何度も練習したくなる機能が満載。実際に練習しまくっているわけですが…

     
     値段は死ぬほど高かったが、消音と練習方法の二つの問題点に応えてくれていることからこの値段の価値は絶対にあると思い思い切って買ってしまった訳です(簡単にいうとスクール代金を加味しているということ)

     とにかく音楽ド素人の私にとってデジスコアの機能はとても気に入っておりとても重宝している。その辺の記録は次回に。

    いっぱい練習しよ〜っと

    ※購入検討されている人は送料とは別に設置・組み立て料金がかかってしまう場合があるようなので、なるべくその後のアフターサービスもしっかりしている楽器専門店で購入することをお勧めします。
    | 音楽 | 10:10 | - | - | ↑PAGE TOP