釣り鈴

主にダーツを趣味としていましたが、現在は釣りに大ハマリ。
今後は釣り日誌や、初心者向けの釣り情報を更新していきます。
<< 大学3年次の履修登録 | TOP | EPSON Scanの起動エラーを回復 >>
FP2級 独学
0
    さてさて、前回受けたFP2級・実技の試験が上手くいき、2級を総合クリア出来たようでホッと一息。
    点数は38/50。予想得点は35点だったので少し意外な結果となったが…2級の個人資産相談業務の合格率が42.65%と檄高。なんとなくお情けで合格出来たような感があるのがちょっと悔しい

    結局、仕事と大学をこなしながら、独学でFP技能士2級を取得するまで実に9ヶ月もかかったが、この経験によって独学での資格試験対策方法を自分なりに確立出来たと思う。従って次に目標とするレベル(合格率がより低い国家資格)をさらに上げていく。頑張るぞ〜

    私が管理する「FP2級について」にて多少見やすく解説しています。



    FP2級合格率

    2011年5月22日実施
    学科:29.69%
    実技:42.65% (←ここで合格)
    総合:42.81%

    2011年1月23日実施
    学科:21.43% (←ここで合格)
    実技:25.02% (←5点足りず不合格)
    総合:28.44%

    2010年9月12日実施
    学科:30.31%
    実技:35.05%
    総合:35.61%
    −−−3級−−−
    学科:62.07% (←ここで合格)
    実技:57.48% (←ここで合格)
    総合:60.09%


     今月から大学の試験期間に突入するので軽く述べるに留めるが、合格率を踏まえて試験対策に臨む場合、重点的に学科対策をするべきかと思う。何故なら学科は問題数も多く、選択肢も4択であることから勉強時間も多く確保する必要がある為、とにかく過去問をひたすらこなして4択問題に慣れていくことが先決だと思います。

     一方、実技試験の場合、筆記試験ではあるが、○×の2択問題も多く、学科試験対策がしっかりとできていれば特に心配する必要はない。ただ、計算問題は一通り計算方法を把握し、練習しておく必要がある。結局、過去問の計算問題を応用して答えを導くことになるので、計算の「手順」を頭に入れておけばそれほど苦にならないと思います。


    ■これから挑戦される方へ
     どのような資格試験でも実際に合格した人の体験談を拝見すると「それほど難しくない」「意外と簡単に取れる」などと謙遜しているのかそうよく述べているのを見かけますが、私はそれほど甘い国家試験があるとは思いません。
     FP2級試験は確かに学科でも合格率2割〜3割程度と、数字的には比較的安心できる国家試験かと思いますが、私が思うにやはりそれ相応の勉強時間を確保しなければならない困難な試験だったと思います。従ってとにかく舐めてかからないこと。それと受験日によって合格率が安定していない資格なので「運」も加味されます。仮に不合格だったとしても合格率が低かった場合は単に運が無かっただけのこと。気持ちを切らさずに次の試験でその悔しさを晴らすことを第一に考えて頑張ってください。


    JUGEMテーマ:学問・学校
     
    | 学業 | 00:53 | - | - | ↑PAGE TOP