+RECOMMEND
通勤・通学時間でうかる!  宅建 音声学習講座 平成25年度版
通勤・通学時間でうかる! 宅建 音声学習講座 平成25年度版 (JUGEMレビュー »)
松本 佳也
資格試験合格のコツは、
1.テキストの反復学習
2.著者を『信じる』こと
3.過去問(ニンテンドーDSソフト推奨)です。
+RECOMMEND
本気で学ぶ LECで合格る DS宅地建物取引主任者 2011年&2012年度版
本気で学ぶ LECで合格る DS宅地建物取引主任者 2011年&2012年度版 (JUGEMレビュー »)

とにかく上記の音声解説付きテキストと、この過去問のおかげで無事宅建の合格を果たしました。

多少使い勝手が悪いところもありますがスクエニさんの丁寧な作りと、過去問を分野ごとに細かく復習できるので大変お勧めです。

少し古くなってきたので細かい数字絡みの問題などは無視して学習してください。
+RECOMMEND
元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[第2版]
元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[第2版] (JUGEMレビュー »)
吉田 利宏
宅建試験などで民法などの法律系科目で苦戦している法学初心者に大変お勧めの書籍。

六法などの条文の読み方から、善意とか悪意、第三者って何?! 的な初歩の初歩から丁寧に解説されており、基礎習得に大変優れた書籍です。
+RECOMMEND
国家試験受験のためのよくわかる民法(改訂第6版)
国家試験受験のためのよくわかる民法(改訂第6版) (JUGEMレビュー »)
神余 博史
宅建試験の民法を苦手としている方はこちらの書籍もお勧めしておきます。

同著者の行政法の書籍がとてもわかりやすい説明で気に入ったため、民法を再度復習する際の補助テキストとして既に購入済みのお勧めの参考書です。
+RECOMMEND
ヴォイス メイク(VOICE MAKE) オレンジ
ヴォイス メイク(VOICE MAKE) オレンジ (JUGEMレビュー »)

私はこれを使って毎日「舌」の訓練をしてます。カラオケの上達に興味がある方に
節約したい方は、割る前の割り箸2本の太い部分を奥歯で咥え、練習することで同様の効果が得られます。
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大学3年次の結果
 さてさて、先日大学3年秋期の期末成績を受け取りに行き、履修科目全て単位を取れていてホッと一安心している。

 今まで大学で受講した科目の中で『今回初めて単位を捨てよう!!』というか捨てざるを得ないほど訳が解らない講義が一つあり、諦めて復習をまったくせずに試験を受けるだけ受けてみた結果、ギリギリの単位合格。
 人間、最後まで諦めないで一応やるだけはやってみる戦術も捨てたもんじゃないなと、一つ人生勉強になった今日この頃。

 今年で大学4年。なんだかんだで後一年。卒業単位も春期で目処が付く範囲にあるので春期でキチッと決めておきたい。
 そして、今年は11月に難関の国家試験に独学で挑戦してみる予定なので履修科目数は少なめで集中して単位を奪取し、週末まとめて資格試験の勉強に費やせるようにスケジュールを組みたいと思う。


■3年秋期の結果
  • 中小企業経営論:春A、秋S: 全て持ち込み可のとても易しい試験で助かった。
  • 宗教学:秋A: 秋だけ履修するも民族的な原始宗教や心理学系も多少あってとても面白かった。スケジュールが合えば、4年次の春期も履修してみようかと思う。
  • 東洋思想:秋S: 密教系の概括的な講義。空海や最澄など日本密教を特に多めに講義。なんだかんだいっても密教は日本史でも多く関わるところなので知っておいて損はなく楽しい講義となった。
  • 社会政策:春S、秋A: 後期は主に国民年金や医療費など日本の財政問題と絡めたとても為になる講義。後期は復習する時間が追われてやむなくAとなってしまった無念。
  • 地理学:春S、秋A: Sが取れると唯一思っていた科目だったのだが、まさかのA判定。自信あったのだが…
  • 日本国憲法:秋A: 今年の資格試験対策用に履修しておいた科目。非常にポイントをついた講義で、今後振り返った時、資格奪取に一番役立った科目だと思う。そのぐらい履修しておいて良かったと思える講義であった。
  • 商法:秋A: 2年次に前期分を履修し、単位を取っていたのだが、後期は他の科目を履修したため今回履修し単位も奪取することに成功。これも資格試験対策用に履修したのだが、どうも私とは講義の相性が良くないようでA評価ではあるが殆ど頭に残っていない。ただ、これから商法・会社法と資格用に復習していくので、今回勉強したこともいずれ役に立つことを期待している。
  • 国際マーケティング論:秋S: 今後の私の人生においてこちらの分野の知識はあまり必要としていないのだが、卒業単位の問題で履修した科目。それなりに有意義な講義で面白かったこともあり、良くてAかと思いきやまさかのS評価。
  • 政治学原論:春S、秋S: いくら何でも簡単過ぎる試験で、30分ちょいで終えた試験。それなりに復習していたのでもう少し難問があってもよかったのだが…。とにかくこちらも資格試験対策用に履修しておいた科目。すでに取りかかっている資格試験勉強にかなり役に立っている。
  • 国際貿易:秋C: 完全に諦めていた科目。とにかく問題の問いの答えがまったくわからず、試験開始3分ですでにお手上げ状態。 
     とりあえず30分間は試験会場から出ることができないので、先生が講義でうんちくを述べていた部分を、とにかくめちゃくちゃでも良いから適当に、書くだけ書きまくっておいた。暇だったので…。そうしたらまさかの単位取得。
     ほんとに最後まで諦めないで、一応やるだけはやってみることも重要だなと思った。実際この単位が取れているか、いないかで4年次のスケジュールも多少なりとも変わってくる。そのぐらい単位取得は馬鹿にできない貴重なものなので、単位が取れていてラッキーだった科目。

JUGEMテーマ:学問・学校


最後に、来月から大学4年次が始まるにつき、差し当たりの目標を設定しておく。
  1. 春期で卒業単位を確実に奪取すること
  2. 履修科目にできれば、会社法と行政法、法学基礎を入れる
  3. 火曜〜金曜の4日を大学通学に当て、土日月の3日を、履修科目の復習と、資格試験対策の時間に充てる
| 学業 | 07:18 | - | - | pookmark
自己指針の補強
JUGEMテーマ:日記・一般
 さてさて、大学3年目の秋期試験も無事終了し、ホッとしたのもつかの間。次の目標はすでに立てているのだが、今回の目標はとても高く、私の人生で最も厳しいものになると予想されるが、何とか今年いっぱい踏ん張って乗り越えていきたい。というか乗り越えて行かなくてはならない。頑張ろう。


 ま〜それはそれとして最近は勉強の合間の日課が、とりわけ占いに傾倒していることからその過程で集めた書籍についての書評を私の新しいサイトに少しずつまとめている。というわけで占い好きの方でお暇があれば適当に覗いてみてやってください→  螺旋思考の羅針盤

 ただ、占いに傾倒しているといっても何かよからぬ新興宗教に勧誘されたとか、得たいの知れない者に折伏された、といった間の抜けたことは一切ありませんのでご安心を。

 私的に占いは、あくまで自分自身を客観的に見つめ、それによって自己を励ますために用いるツールであり、盲目的に信仰しているわけではなく、占い師にああ言われたからそれに従う、といったことは断じてありません。自分の進むべき道は自分で決めるのが信条なので。

 要するに占いは心理学的な感覚で「自分がどのように見られている可能性が高いのか」や、他者を占ってみて「それに近い要素が強く出ているな」などとして楽しんでいるといった感じです。
 このような感じでいろいろと検証しているとハマってしまうのが占いというもの。不思議なものです。
| 占い | 04:55 | - | - | pookmark
宅建H23年度の合格率
さてさて、本日は宅建の合否発表日。本日付けで合格証書を送付するのかと思いきや、今日の午前中に早速合格証書が届き、合格出来ていてホッと一安心。

■今回の宅建試験の詳細
試験日 平成23年10月16日(日)
受験者数 188,572人 合格者数 30,391人
受験率 81.4%(前年度81.7%)
合格率 16.1%(前年度15.2%)
合否判定基準は、50問中36問以上正解した者(36点も含む) ※問48で選択肢に記述ミスがあったようで、問48についてはすべての受験者の解答を正解とした模様。

職業別構成比 不動産業27.7%、金融関係9.4%、建設関係10.7%、他業種24.9%、学生9.5%、主婦4.7%、その他13.2%

といった感じ。
合格点は昨年同様36点。合格率も少し高め? なのか例年に比べると比較的易しい問題だったのかもしれません。


■宅建試験合格後は...
 私は不動産業界に進む予定はないので登録申請をする予定はありませんが一応メモ的に載せておきます。※登録申請しないからといって宅建試験の合格資格は無効になることはありませんので安心です。

宅地建物取引主任者の登録について: 宅建試験に合格した者で宅地建物取引主任者として業務を従事しようとするものは取引主任者として「登録申請」する必要があります。つまり宅建試験に合格しただけでは「宅地建物取引主任者」たり得ないわけです。
特に宅地建物取引業の実務経験が2年以上「無い」者は、登録実務講習を受講する必要があります。
この講習に対応している業者の一つを見た限りでは講習費が約2万円。
プラス、宅地建物取引主任者の登録申請時にかかる手数料37,000円。
その他証明写真やら講習時にかかる費用を合計すると6万円程度かかりそうな予感。もう少し手数料が安ければ登録したかもしれないが5年の期限もありますし、私は当面見送ることにしました。
ただ、注意点として宅建試験合格日より一年を過ぎると「法定講習」を受講しなくてはいけなくなります。もちろん登録実務講習とは別のものです。

JUGEMテーマ:学問・学校


▼これから宅建に挑戦される方にお勧めの参考書。というかこの参考書とDSの過去問集を何度も何度もしつこく、しつっこく繰り返すことで合格出来ました。
本当に「もうあきたぁ〜」というぐらいしつこく読み込んで、理解出来ていない部分を音声学習し、過去問をひたすら解く。で絶対に独学でも合格出来ます。※平成24年度対応版

評価:
松本 佳也
ダイヤモンド社
¥ 3,570
(2011-12-02)

| 学業 | 15:31 | - | - | pookmark